本学会について

ご挨拶一般社団法人日本動物看護学会理事長 石岡克己

日本動物看護学会は、動物看護学を学問として確立・発展させることを目的として1995年12月に設立されました。以後は年一度の学術大会開催と学会誌の発行を続け、臨床現場や教育研究機関、公的機関に勤める動物看護師たちの学術活動を支援する団体として、今日に至っております。学術大会は関東を中心に全国で開催し、研究者のみならず現場で活躍する多くの動物看護師たちに研究・事例発表を行っていただきました。学会誌「Veterinary Nursing」は査読性を敷いた日本唯一の動物看護領域の学会誌として、2020年からJ-STAGEにも採用されています。

ご承知のとおり「愛玩動物看護師法」が2019年に成立、2022年には全部施行されました。2023年2月に実施された第1回国家試験では、18,000人を超える愛玩動物看護師が誕生しています。これまで獣医師に限られていた業務の一部を分担できる専門家が初めて誕生したわけで、これは日本の獣医療の歴史から見ても大きな転換点といえるでしょう。動物看護師の国家資格化は長年の祈願でありましたが、動物病院における診療体制や動物愛護行政の在り方なども今後は愛玩動物看護師の存在を織り込んだものに変わっていくと思います。この流れを踏まえ、新たな教育研究機関の設立も相次いでいます。教育・研究に携わる人達に学術大会や学会誌という形で研究発表の場を提供する本学会の役割は、今後ますます大きくなっていくものと考えます。

2023年4月7日、本学会は法人登記により「一般社団法人日本動物看護学会」となりました。併せて前理事長であった櫻井富士朗から職位を引き継ぎ、石岡が理事長に就任いたしました。本学会は一般社団法人となりましたが、動物看護学を学問として発展させる目的は変わりません。今後も大学や専修学校、様々な関連団体や現場で活躍する動物看護師たちとの連携を深め、動物看護学の発展のため全力を尽くして参りたいと思います。一般社団法人日本動物看護学会の学会運営にあたりまして、引き続き皆様のご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

2023年5月

◆本学会は日本学術会議が指定する協力学術研究団体です。

沿革

1995年
  • 日本動物看護学会発足
  • 英語名称「The Japanese Society of Animal Nursing」
  • 会長 今道友則
  • 事務局 東京都江戸川区松江3-11-17 桜井動物病院内
1996年
  • 第1回大会開催
  • 学会ロゴマーク決定
  • ニューズレター配布開始
  • 学会誌「Animal Nursing」第1号発行
1998年
第6回大会 動物看護師による一般演題の募集開始
1999年
事務局 東京都千代田区猿楽町2-6-3
2000年
学会ウェブサイト開設
2002年
教科書「動物看護学(総論・各論)」発刊
2003年
  • 事務局 東京都中央区八丁堀3-9-8東京橋第一長岡ビル5階
  • 動物看護師資格認定試験制度 開始
2004年
生涯教育講座 開講
2005年
事務局 東京都千代田区神田淡路町2-23アクセス御茶ノ水2階
2008年
理事長 櫻井富士朗
2010年
会長 高橋英司
2011年
動物看護師資格認定試験制度 終了
2012年
事務局 東京都港区南青山1-1-1新青山ビル西館23階
2014年
  • 会長職 廃止
  • 英語名称を「The Japanese Society of Veterinary Nursing」に変更
  • 学会誌を「Veterinary Nursing」と改名
2015年
  • 学会ウェブサイトをリニューアル
  • 第24回大会 20周年記念大会
  • 事務局 東京都千代田区猿楽町2-6-3
2016年
学会ロゴマークをリニューアル
2018年
事務局 東京都千代田区神田猿楽町2-6-3
2019年
事務局 東京都武蔵野市御殿山1-7-6ユースフル吉祥寺201
2020年
学会誌「Veterinary Nursing」がJ-STAGEに採用
2021年
事務局 東京都渋谷区神宮前6-23-4 桑野ビル2F
2022年
学術講座(会員限定)を開講
2023年
一般社団法人として登記
公式名称「一般社団法人 日本動物看護学会」
理事長 石岡克己
学会誌「Veterinary Nursing」を完全電子ジャーナル化(J-STAGE掲載)

定款

会員数

会員は、動物看護師、獣医師、動物看護学・動物心理学・臨床心理学・動物行動学等の研究者、学生、一般社会人等、職種や研究領域の違いを超えて多くのメンバーが参加しています(2023年4月現在の会員数:630人)。

法人社員(2023年10月1日現在)

理事長
石岡克己(日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科 教授)
理事
  • 阿部令子(アニマルサポートオフィス・ミーチョ)
  • 荒川真希(ヤマザキ動物看護大学 動物看護学科 講師)
  • 小田民美(日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科 講師)
  • 小沼守(千葉科学大学 動物危機管理学科 教授)
  • 小野沢栄里(日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科 講師)
  • 小野寺温(帝京科学大学 アニマルサイエンス学科 講師)
  • 草山太一(帝京大学 文学部心理学科 教授)
  • 﨑山法子(王寺動物病院)
  • 櫻井富士朗(ヤマザキ動物看護大学 客員教授)
  • 井田竜馬(井田竜馬行政書士事務所)
  • 小澤琢爾(公益社団法人日本動物病院協会 参事)
  • 小松千江(新ゆりがおか動物病院)
  • 紺野克彦(九州保健福祉大学 動物生命薬科学科 教授)
  • 佐伯香織(岡山理科大学 獣医保健看護学科 准教授)
  • 下薗惠子(一般社団法人全国動物教育協会 代表理事)
  • 村尾信義(倉敷芸術科学大学 動物生命科学科 准教授)
  • 山川伊津子(ヤマザキ動物看護専門職短期大学 教授)
  • 渡辺隆之(帝京科学大学 講師)
監事
  • 長田久雄(桜美林大学 特任教授)
  • 村中志朗(公益社団法人日本獣医師会 顧問)

委員構成

編集委員会(2023年10月1日現在)

委員長
  • 神田鉄平(岡山理科大学 獣医学科 教授)
委員
  • 小沼守(千葉科学大学 動物危機管理学科 教授)
  • 加藤麻友香(花えみ動物病院)
  • 川添敏弘(酪農学園大学 獣医保健看護学類 教授)
  • 紺野克彦(九州保健福祉大学 動物生命薬科学科 教授)
  • 佐伯香織(岡山理科大学 獣医保健看護学科 准教授)
  • 佐野忠士(帯広畜産大学 獣医学研究部門 准教授)
  • 彦野弘一(帝京科学大学 教授)
  • 村尾信義(倉敷芸術科学大学 動物生命科学科 准教授)
  • 山下眞理子(一般社団法人全国動物教育協会 動物看護部会委員)

企画委員会(2023年10月1日現在)

委員長
﨑山法子(王寺動物病院)
委員
  • 阿部令子(アニマルサポートオフィス・ミーチョ)
  • 小野寺温(帝京科学大学 アニマルサイエンス学科 講師)

賛助会員

賛助会員とは、本学会の会員のうち法人・団体単位で入会している会員のことです。ご希望の場合はウェブサイト上に会員名(社名)とリンクを表示させていただいております。賛助会員様の活動の一助になれば幸いです。

賛助会員としての入会を希望される法人・団体様は、入会案内から手続を行ってください。

株式会社アニマルライフ研究所
http://animallife-labo.net
株式会社ウィズペティ
https://withpety.com
株式会社EDUWARD Press
https://eduward.online
王寺動物病院
http://www.oji-ah.com
大阪ペピイ動物看護専門学校
http://www.peppy.ac.jp
学校法人昭徳学園 九州動物学院
https://kyudo.ac.jp
京都動物専門学校
https://kyoto-dobutsu.mkg.ac.jp
株式会社K9ナチュラルジャパン
http://www.k9natural.jp
株式会社SaLaDa
https://mipig.co.jp
千寿製薬株式会社
http://www.senju.co.jp
ダクタリ動物病院京都医療センター
http://www.daktari.info
つくば国際ペット専門学校
https://www.tip.ac.jp
株式会社ニッピ
http://www.nippi-inc.co.jp
一般社団法人 日本動物看護職協会
http://www.jvna.or.jp
株式会社ファームプレス
http://www.pharm-p.com
富士フイルムVETシステムズ株式会社
https://www.fujifilm.com/ffvs/ja
一般社団法人 ペットフード協会
http://www.petfood.or.jp
有限会社HPC まさき動物病院
http://www.animal-h.jp
株式会社緑書房
http://pet-honpo.com
株式会社レヴソル
https://revsolsanso.wordpress.com
ロイヤルカナンジャポン合同会社
https://www.royalcanin.com/jp

関連団体

一般財団法人 動物看護師統一認定機構
http://www.ccrvn.jp
一般社団法人 日本動物看護職協会
http://www.jvna.or.jp